更新情報

  • 2024年4月
  • 2024年2月
  • 2023年10月
  • 2023年9月
  • 2023年8月
  • 2023年5月
  • 2023年4月
  • 2023年2月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年2月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年4月
  • 2021年2月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年2月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年2月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年7月
  • 2018年2月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年7月
  • 2017年2月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年9月
  • 2015年7月
  • 2015年5月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年9月
  • 2014年7月
  • 2014年2月
  • 2013年9月
  • 2013年7月
  • 2013年5月
  • 2013年2月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年7月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2009年9月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2008年12月
  • 第83回中央委員会を開催しました

    2015年2月14日 土曜日

     2月14日(土)午後1時より名古屋市中区『名古屋クラウンホテル』において、第83回中央委員会を開催。石田副委員長の開会挨拶で始まり、議長に富山支部の松原中央委員が選出され、議事を進行しました。

    まず、髙柳委員長より政治・経済などの取り巻く情勢を含めた挨拶がされ、その中で「2015春闘の取り組みについて、運輸労連の方針のもと、賃金引き上げ10,900円、一時金60万円を含む要求方針についてはこれまで各種会合で議論を進め、積み上げてきたと思っている。企業の業績向上を背景に、富の分配機能としてしっかりと取り組んでいきたい。また、職場の課題、人材不足をはじめとした喫緊の課題に対してタイムリーにその対応をはかっていきたい。また、昨年11月に東大阪分会でフォークリフトによる死亡労災事故が発生した。今回の労災を決して無にすることなく、二度と起こさないようにそれぞれが肝に銘じていただきたい。どんなに忙しくても、決してコンプライアンスや安全行動に抜かりがあってはならない。法令遵守の徹底と事故防止の取り組みを改めて強化していく。」と述べられました。議事に入り、「一般経過報告(秋季年末闘争経過・総括)」「会計報告」「会計監査報告」が報告され、賛成多数で承認。次に、第1号議案「春から秋にかけての取り組み」が提案され、「物品販売政策の改善・要望」「ドライブレコーダーの装着」「大型トラックへのバックカメラ装着」の質疑応答がされた後、満場一致で可決決定されました。すべての議事が終了し、三好書記長の閉会挨拶の後、髙柳委員長の発声でガンバロー三唱を行い、第83回中央委員会を終了しました。

     

     

    オールトナミ労連第1回執行委員会を開催しました

    2015年2月7日 土曜日

    2月7日(土)名古屋市東区「メルパルク名古屋」にて第1回執行委員会を開催しました。冒頭、髙柳委員長より日本政治・経済の現状やオールトナミグループを取り巻く環境を含めた挨拶がされました。次に経過報告がされ、その後、今春闘の取り組みについてオールトナミ労連として、賃金の引き上げ一人平均10,900円、夏季一時金一人平均60万円及び労働諸条件について要求を行うことを全員で確認しました。その他として、第26回統一ボウリング大会の開催、スクラム共済の加入状況について確認し執行委員会を終了しました。

    執行委員会終了後、グループ労組連絡会議を開催。各単組及び企業が抱える問題点等について活発な議論がされました。

    ▲このページのトップへ戻る